【パン好きおすすめ商品】パナソニックのコンパクトオーブンで美味しいパンが食べられる

皆さんは、パン派それともごはん派どちらですか?

日曜日の朝だけはパン派のげんぞおです。

どうせ食べるなら、おいしく食べたい!

食パンはもちろん、パン屋さんで買ってきたパンがすこし時間がたってしまって、チョット固くなったりしますよね。

そんな時にパンを復活させておいしく食べるために購入したのが

パナソニックのコンパクトオーブンです。

そんなことでレビューします。

コンパクトオーブン購入のきっかけ

この商品を購入する前は、冷凍した食パンがうまく焼けなかったです。

焦げないようにすると、中が冷たく、中までしっかり温かく焼こうとすると、外が焦げてしまいます。

特に厚切りの冷凍パンは、なかなか上手く焼けなかったです。

そしてロールパンも、上部が焦げて、下部は冷たく、せっかく美味しいロールパンを買ってきても、焼くことでかえって味をダメにしてしまうこともたびたびありました。

また、大好きなカレーパンは、温めることで油が下にたまってしまい、ベトッとした感じになり、「揚げたてじゃないとあんまり美味しないな」って、いつものセリフが飛び出します。

コロッケもカレーパンと同じ運命を辿ることがたびたびです。

カレーパンやコロッケは電子レンジで温めてもよいのですが、「からっと」感が好きなので、トースターを使っておりましたが、なかなか思うようには「からっと」仕上がりませんでした。




コンパクトオーブンを使ってみた感想

この「パナソニック コンパクトオーブン」は、遠赤外線ダブル加熱で冷凍パンは「外はこんがり、中はほくほく」ちょうどよい焼き加減になります。

「中がまだ冷た~い」なんてことはありません。

焼き加減も好みに調整できる優れものです。

どうしても焦げやすいロールパンも、「ロールパン」のボタンを押しすだけで、上部の焦げもなく、これまたしっとり美味しい状態に出来上がりです。

カレーパンも「惣菜パン」のボタンを押すだけで、私好みの「からっと」感で、申し分のない仕上がりです。

以前のトースターを購入したのが約10年前です。

電化製品の技術の進歩は凄いです!

価格は一般的なトースターに比べてややお高めですが、調理後のお味を考えると、買って損はないです。

毎日こんな美味しいパンが食べられるなら、絶対買いだと思います。

パン以外にもオススメの食品があります。

興味のある方はホームページでご確認ください。

パナソニック トースター コンパクトオーブン ホワイト NB-DT51-W
パナソニック(Panasonic)

まとめ

「パナソニック コンパクトオーブン」は、とにかくパン好きな方にお勧めいたします。

従来のオーブントースターでも冷凍パンや、ロールパン、総菜パンは温めることはできました。

でも、いつも同じような仕上がりになっていたでしょうか?

美味しく仕上がっていたでしょうか?

この商品は、ワンタッチで火加減と時間をコントロール できる「オートキー」を使用することで、自動的に湿度と時間を変えて温めます。

なので、失敗しがちな冷凍トーストだって、枚数に応じて焼き加減を自動調整するので、誰にでも簡単に美味しいトーストができます。

朝の忙しい時間帯でも操作は簡単で、その上、とびっきりのトーストができるので主婦の皆さんに喜ばれること間違いなし。

買って後悔させない逸品です。






最後までお読みいただきありがとうございました。

げんぞおでした。

最新情報をチェックしよう!